行政書士法人こころ京都  南オフィス 宮原事務所

京都府下の車庫証明ー京都市・宇治市・向日市・長岡京市・亀岡市・八幡市・城陽市・京田辺市・木津川市・久世郡・綴喜郡・相楽郡・奈良市・生駒市・枚方市・交野市・大津市の車庫証明手続・普通車(OSS)の登録・軽自動車・二輪の申請手続・行政書士の出張封印・貨物自動車・貸切バス・回送運行・レンタカー等の許認可・相続手続等の権利や義務に関することはお任せください。全国に行政書士のネットワークが有ります。

ホームブログ ≫ 車庫証明の有効期間が40日とされている根拠 ≫

車庫証明の有効期間が40日とされている根拠

自動車の保管場所を管轄している警察署では、交付した車庫証明書の有効期間は警察署長の証明日から1ヶ月としています。ところが、車庫証明書を添付して自動車の登録をする運輸支局では、警察署の判断とは少し違い「概ね1ヶ月間有効(警察署の証明日から40日間)」として実務上の処理がされています。

この根拠は「平成3625日付、 国土交通省地域交通局技術安全部から「概ね1ヶ月」とは「40日として取り扱われたい。」との内部通達でに拠っています。なお、この場合の40日とは、警察署長の証明日から数えて土・日・祝祭日も含んだ日数ですので注意が必要です。(国土交通省からの通達ですので、全国どこの運輸支局でも同一の取扱いです。)

2020年02月07日 16:26