行政書士法人こころ京都  南オフィス 宮原事務所

京都府下の車庫証明ー京都市・宇治市・向日市・長岡京市・亀岡市・八幡市・城陽市・京田辺市・木津川市・久世郡・綴喜郡・相楽郡・奈良市・生駒市・枚方市・交野市・大津市の車庫証明手続・普通車(OSS)の登録・軽自動車・二輪の申請手続・行政書士の出張封印・トラック・貸切バス等の許認可申請・相続手続等の権利や義務に関することはお任せください。車庫証明・自動車登録・封印は全国にネットワークがあります。

ホームブログ ≫ 車庫証明手続・自動車登録の押印不要範囲について ≫

車庫証明手続・自動車登録の押印不要範囲について

ー車庫証明・自動車登録に係る押印廃止(不要)範囲の概要についてー

記名と自署の違いについて
 記名:代筆、ゴム印、ワープロ等で氏名(住所等)を作成すること。
 自署:本人が氏名(住所等)を自ら書くこと。
 署名:本人が氏名を自ら書くこと。
 
〇車庫証明関係(京都府 1月4日~)
  • 申請書(個人・法人)へ申請者の押印は不要となります。
  • 自己所有地の場合、自認書への押印は不要となります。
  • 承諾書の場合、承諾した人の押印は不要となります。
  • 交付前の訂正は、行政書士用の委任状に署名(記名)があれば行政書士が職印で訂正します。
 
〇自動車登録関係(運輸支局1月4日~)
  • 所有権の得喪(新規、移転、抹消登録)に関する手続は従来通り、印鑑証明書と実印の押印が必要です。
  • 所有権の得喪に関係しない変更登録(住所、性名変更等)番号変更・再交付等は押印が不要となります。(必要書類は従来通りです。)
 
〇二輪・軽自動車関係
  • 登録自動車とは所有権の概念が異なるため、委任状(申請依頼書)等への押印は不要です。
2021年01月21日 18:11